Rosicrucianism is the theology of a secret society of mystics,
said to have been founded in late medieval Germany by
Christian Rosenkreuz. It holds a doctrine "built on esoteric truths of the ancient past", which, "concealed from the
average man, provide insight into nature, the physical
universe and the spiritual realm."

It is symbolized by the Rosy Cross.
The Rosicrucian practiced the lost Templar rituals.
md76によって 2010年08月21日(土)

無料のデイリーメール

毎朝無料の今日のアーバンワード を受け取るために、あなたのメールアドレスを下に打ち込んでください。

メールは daily@urbandictionary.com のアドレスから送られてきます。迷惑メールを送ることは決してございません。

×