A theory pioneered by R. Khan that predicts the number of arrangements (A) there are for a number, n, of cross-over points in the loop. It turns out, after much study, A = 2n.

In a loop with 2 crossover points, there are 4 different arrangements. I learned this using LOOP THEORY!

MathScribeによって 2009年02月24日(火)

5 Words Related to Loop Theory

無料のデイリーメール

毎朝無料の今日のアーバンワード を受け取るために、あなたのメールアドレスを下に打ち込んでください。

メールは daily@urbandictionary.com のアドレスから送られてきます。迷惑メールを送ることは決してございません。

×