1 definition by Froyst

A term for falling asleep at your computer and resting your head on the keyboard, imprinting the keys into your skin, QWERTY being the classification of the key setup. (Also DVORAK face if you use a DVORAK keyboard)
"I had been playing for 43 hours straight, so I finally succumbed to QWERTY face."
Froystによって 2005年01月25日(火)

無料のデイリーメール

毎朝無料の今日のアーバンワード を受け取るために、あなたのメールアドレスを下に打ち込んでください。

メールは daily@urbandictionary.com のアドレスから送られてきます。迷惑メールを送ることは決してございません。

×